中堅・中小企業の社長のための
経営支援・課題解決メディア

製造業における原価計算~原価計算制度の構築スケジュールを検討する~

2019.11.19

Share

2017年より「製造業における原価計算」についてお伝えしております。締め括りとなる今回は【 STEP6:原価計算制度の構築スケジュールを検討する 】についてお話しします。

INDEX

原価計算制度の構築スケジュールを検討する際の
代表的な項目は以下になります。
それぞれのポイントを押さえながら、
制度構築に臨んでください。

制度設計

<1>方向性の検討:おおむねの方向性をすり合わせる。

<2>必要なデータの収集:必要なデータの蓄積状況を把握する。

<3>各種チャージの計算:マンチャージ(工種別)/マシンチャージ(機械別)

<4>コストセンターの設定:製造に際してのコストセンター(コストが発生する地点・工程)を検討する。

<5>制度設計:
レベル1_原材料費・外注費まで考慮
レベル2_加工費(直接労務費)まで考慮
レベル3_加工費(間接労務費)まで考慮

ポイント【1】:まずは簡易なレべル(今回だとレベル1_原材料費・外注費まで考慮)で
制度設計から制度運用までの一連の流れを通すことが重要です。

制度運用

<1>プロジェクトの組成:各部署から数名を選出します。

ポイント【2】:若手中心にプロジェクトメンバーを選出することをおすすめします。
なお、ほとんどのケースで「脱落者」が出てきますが、原価計算のプロジェクトは“ある程度核となる数名”が中心となって進めたほうが、結果的に成果が上がりやすいようです。
脱落を気にせず、どんどん進めましょう。

<2>試験運用:エクセルで試験運用を行う。

ポイント【3】:原価計算制度の設計・運用を社員教育の一環として考えるなら、
まずはエクセルでの運用を行い「社員が自分で手を動かす⇒計算式を考える・帳票を作る」ことが重要です。

<3>本運用:集計・活用方法が固まり次第、帳票の作成に必要な時間・コストを削減するためシステムへの移行を目指す。

<4>PDCAサイクル:原価計算制度の改善。計算結果を用いた営業戦略の検討・原価改善。

ポイント【4】:ある程度、成果が見えてくるようになったら、社員の理解度を把握・高めるために社内テストの実施をおすすめします。
若手がベテランに教える姿を見ると、コンサルタントとしては「しめしめ」といった気持ちになります(笑)

「製造業における原価計算」に関するシリーズは今回で終了となります。

ありがとうございました。

製造業における原価計算連載一覧

Share