中堅・中小企業の社長のための
経営支援・課題解決メディア

クラウド会計ソフトとインストール型会計ソフトの違い

2022.05.24

Share

この記事の著者

NBC税理士法人

「縁のあったお客様は絶対に倒産させない。」という志のもと、税務面、経営の全般的なサポート業務を行っています。顧客訪問数1200社以上のノウハウをもとに、会計監査などの税務相談や、事業承継、新規開業、相続など様々なノウハウを配信しています。

「クラウド会計ソフト」が世の中に登場してから10年程経ち、導入している企業も増えてきました。

一方で、まだまだ

「クラウド会計と言ってもよくわからない。」

「クラウド会計ソフトで何ができるの?」

という声もよく聞きます。

そこで今回は「クラウド会計ソフト」と既存の「インストール型会計ソフト」の違い、

また「クラウド会計ソフト」ならではの「できること」を見ていきながら、御社に合った会計ソフトについて考えていきます。

INDEX

「クラウド会計ソフト」と既存の「インストール型会計ソフト」の違い

「クラウド会計ソフト」と既存の「インストール型会計ソフト」の違いは以下の3つが挙げられます。

1.PC・インターネット環境・アカウント情報があれば、どこでも試算表のチェックや入力ができる

試算表を見るとき、
「インストール型会計ソフト」では、経理や税理士事務所に依頼する必要がありましたが、「クラウド会計ソフト」では、自分のPCから確認することができます。

また、入力は在宅でも可能です。(ただし、入力する際は書類の管理など一定のルールが必要です。)

なお、「クラウド会計ソフト」はインターネットに接続するため、セキュリティには十分注意が必要です。

よって、セキュリティに不安がある場合は「インストール型会計ソフト」をお勧めします。

2.他サービスとの連携機能が充実しており汎用性が高い

例えば「クラウド会計ソフト」の『freee』は、Amazon・モバイルSuica・PayPalAirレジ・楽天・Squareなど、さまざまな外部サービスと連携ができます。連携ができれば、各取引の手入力をする手間が省けます。

「インストール型会計ソフト」でも上記のサービスから出力されるCSVデータを取り込むことは可能ですが、操作の難易度が上がります。

3.高価なサーバーを導入しなくても同時に入力できる

経理担当が数人いる会社や本社・支店で各々の会計ソフトを用いている会社では、担当者それぞれが同時に売上や仕入を入力することがあります。

同時に複数人が入力する場合、
「インストール型会計ソフト」では、システム負荷がかかることから、
入力が終わるまで他の担当者は入力できないという事態が往々にして発生し、
作業効率に影響が出やすい側面があります。

そのために、場合によっては高価なサーバーを購入する企業もあります。その点「クラウド会計ソフト」では、複数人が同時に入力できるため、他の担当者の入力が終わるまで待つことはありません。

まとめ

いかがでしょうか?他にもいくつか違いはありますが、大きな違いは上記のとおりです。

働き方改革が謳われて久しいですが、「クラウド会計ソフト」を導入することで経理の生産性が上がりそうであれば、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

Share

会計・経理関連記事

  • 詳細を見る

    財務諸表の分析レポートとは|分析方法や書き方を解説

  • 詳細を見る

    財務分析とは|4つの分析方法と各種指標を解説

  • 詳細を見る

    【経営者向け】決算書の読み方|種類別に正しく理解する方法を解説

  • 詳細を見る

    クラウド会計ソフトとインストール型会計ソフトの違い

  • 詳細を見る

    金持ち社長の経営 ~節税が会社をつぶす~

  • 詳細を見る

    財政から日本の未来を考える