中堅・中小企業の社長のための
経営支援・課題解決メディア

社会人基礎力とは?採用・育成について考える

2022.05.16

Share

この記事の著者

NBCコンサルタンツ株式会社

NBCコンサルタンツ株式会社は1986年の創業以来、会計事務所を母体とする日本最大級のコンサルティングファームとして数多くの企業を支援しております。4,290社の豊富な指導実績を持つプロの経営コンサルタント集団が、事業承継、業績改善、人材育成、人事評価制度など各分野でのノウハウをお届けします。

INDEX

社会人基礎力とは?

社会人基礎力とは、前に踏み出す力・考え抜く力・チームで働く力という3つの能力(12の能力要素)から構成されており、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎力として、経済産業省が2006年から提唱しているものです。

企業や若者を取り巻く環境変化により基礎学力・専門知識に加え、それらをうまく活用していくための「社会人基礎力」を意識的に育成していくことが今まで以上に重要となってきています。

経済産業省『社会人基礎力』

経済産業省が提唱する社会人基礎力の「3つの能力」と「12の能力要素」とは以下のとおりです。

前に踏み出す力(アクション)

  • 主体性 (物事に進んで取り組む力)
  • 働きかけ力(他人に働きかけ巻き込む力)
  • 実行力(目的を設定し確実に行動する力)

考え抜く力(シンキング)

  • 課題発見力 (現状を分析し目的や課題を明らかにする力)
  • 計画力(課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力)
  • 創造力(新しい価値を生み出す力)

チームで働く力(チームワーク)

  • 発信力 (自分の意見をわかりやすく伝える力)
  • 傾聴力(相手の意見を丁寧に聴く力)
  • 柔軟性(意見の違いや立場の違いを理解する力)
  • 状況把握力(自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力)
  • 規律性(社会のルールや人との約束を守る力)
  • ストレスコントロール力(ストレスの発生源に対応する力)

(出所:経済産業省ホームページ)

社会人基礎力と人財育成

本来であれば望む素養を兼ね備えた人材を採用できることがベストですが、上手くいくことばかりではありません。今回お伝えした社会人基礎力を育成テーマにすることも含め、これからの採用を考えていく必要がありそうです。

社会人基礎力には、新卒採用はもちろんのこと、既存社員への育成にもヒントが隠されているかもしれません。

Share