中堅・中小企業の社長のための
経営支援・課題解決メディア

資金が増えている企業の共通点とアイデアを生むフレームワーク

2022.06.09

Share

この記事の著者

NBC資金を増やすコンサルティング株式会社

当社は中小企業の経営者に向けた資金セミナー、研修会、コンサルティングを実施しています。資金力をアップさせる方法を熟知した当社コンサルタントが、資金が増えて当たり前な社風を醸成や売上ゼロ成長で資金を増やすノウハウなどを配信しています。

先日、今年一年の世相を漢字一文字で表す
「今年の漢字」が発表されました。

皆様の「今年の漢字」は何でしたか?

清水寺で発表された一文字「金」に、私は個人的に凄く納得しております。


さて、2019年4月に
NBC資金を増やすコンサルティング株式会社』を設立し、
早3年が経過しようとしています。

「中小企業の資金を増やす」という想いを会社名に込め、設立以来、多くの企業の「金」に向き合い、支援してまいりました。

私たち「NBC資金を増やすコンサルティング株式会社」では、抽象的な改善ではなく「資金を増やす」というシンプルかつ明確な指針の下、支援を行っています。

コロナ禍で世の中が大きく変化し、お金の苦労を味わった企業も多くいらっしゃると思います。

今回は、資金が増えている企業の共通点をお伝えします。

INDEX

資金が増えている会社の共通点

資金が増えている会社には以下の3つの共通点があります。

WTP(※)を上げる

  • 接客レベルの追求
  • サービス・商品価値の見直し
  • 顧客の声・口コミ等を徹底リサーチ
  • 利益率の悪い仕事・取引の見直し

※WTPとはWillingness To Payの略。ある商品やサービスに対して顧客が支払ってよいと考える金額のことで、支払意思額と呼ばれる。

コストを下げる

  • 経費予算の設定
  • 聖域のない経費削減
  • 公私混同しない
  • 交際費に依存しない営業
  • 試算表や内部データの精度アップ
  • 原価管理・管理体制の見直し

無競争状態へ持ち込む

  • 安売りしない
  • ライバル企業の徹底リサーチ
  • 独自性のある商品・サービスの研究・開発
  • 差別化ポイントを明確にする
  • 社員教育
  • 当たり前の見直し。

シンプルですが、とても難しいのも事実です。

特に「無競争状態へ持ち込む」は、客観的に自社を見る力がなければ、固定観念が先行し、業界の習慣、社内問題、ビジネスモデルを言い訳に改善が進まないケースも多いです。

そんな時、固定観念に縛られず、新しいアイデアを生むフレームワークをご紹介します。

オズボーンのチェックリスト

『オズボーンのチェックリスト』とは、ブレインストーミングの考案者であるアレックス・F・オズボーンが作った発想法です。

アイデアが浮かばない際に発想する切り口として利用されています。

チェックリストは9項目あり、それぞれに対してアイデアを出していきます。

オズボーンのチェックリストは、ゼロから新しいものを考えるのではなく今あるものを改善したり、応用したりするためのもので「問題解決型アプローチ」に向いています。9項目のチェックリストは以下です。

チェック項目 考え方
【転用】 転用できないか?
他の方法で使えないか?
新しい使い道はないか?
【応用】 応用できないか?
似たようなアイデアはないか?
他のアイデアを応用できないか?
【変更】 変更できないか?
色・形・デザインを変更できないか?
仕様・利用目的を変更できないか?
意味付けを変えてみたら?
【拡大】 拡大できないか?
大きく、高く、長くしたら?
付加価値や頻度・割合を高めたら?
【縮小】 縮小できないか?
小さく、薄く、短くしてみたら?
機能や情報を減らしたら?
【代用】 代用できないか?
素材や人・物・場所・方法を代用できないか?
【置換】 置換できないか?
要素や順序・配置を置き換えできないか?
パーツ・プロセスなどを置き換えできないか?
【逆転】 逆転できないか?
上下・左右・前後・内と外を逆にしたら?
順序や考え方を逆にしたら?
【結合】 結合できないか?
セットにできないか?
新旧や真逆の要素を組み合わせられないか?

まとめ

皆様はどのようなアイデアが浮かびましたか?ぜひ、自社のサービスや商品をテーマに柔軟な思考を鍛えましょう。

Share

ブランディング関連記事